FC2ブログ

アート・サロン 「ムーザ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブルガリア・イコン展 Coming Soon!!

今年もあっという間に3月ですね。
当サロンもそろそろ冬篭りから醒めるべく、新しい展覧会の準備にかかっております。

今度お目にかけます展覧会は、
「ブルガリア・イコンの世界」
3月15日~5月8日 

主のエルサレム入城
「主のエルサレム入城」

もうずいぶん前の話ですが、1990年代初めに、カメラマンの夫がブルガリアのイコンに凝ったことがありました。
そして特別の許可をえて国宝級のイコンを撮影してまわっているうちに、国宝イコンの修復をてがけるイコン画家とも知り合いました。
それがストヤン・ネデフさんでした。
ストヤン

数多くの修復を手がけたネデフさんが描くイコンは、ブルガリアの伝統を正しく反映した芸術性の高い作品です。
奥の深いそのイコンに魅せられて、私どもは彼の作品を入手してまいりました。もう20年ほど前のことで、その折には東京の丸善で「ブルガリア・イコン展」を開いたりもしました。

大天使ミカエルとガブリエル

これらのイコンは長い間わが家の屋根裏で眠っていたのですが、ギャラリーで展示する機会ができたのですから、この貴重なイコンを眠らせておくのは惜しいですね。そんなわけで、この展覧会を思いつきました。

聖メナス(アレクサンドリアのメナス)

イコンのほかに、こんなミニアチュールのリリーフもあります。

レリーフ キリストの洗礼
実寸 3.5cm x 5cm

また、片山通夫の写真で、国宝級イコンや、イコンが生まれたブルガリアの写真もご覧にいれます。
この機会に、日本では珍しいブルガリア・イコンをぜひご覧になってください。
お待ちしております。







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。