FC2ブログ

アート・サロン 「ムーザ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

門嶋政己展が終わりました…

久しぶりにブログを更新します(^-^)/

10月初めまで開かれていた「門嶋政己展」は、大作にこめられた深い精神性が、来てくださった方に深い印象を与えました。
わたしも、お客様がいらっしゃる度に、新たな感動をかみしめました。
この展覧会の絵を画伯にお返しするときが来ましたが、2ヶ月ほどすっかり我が家の景色に溶け込んでいましたので、寂しくなります。

今回は、40歳代に一時絵筆を折られるまでの作品を展示しました。
来年には、再び創作を開始されてからの作品で、また展覧会をしたいと考えております。

今回で「門嶋政己」という画家の面白さに注目してくださった方々も
今回はご覧いただけなかった方も、
次回の展覧会を、どうぞお楽しみに。

スポンサーサイト

PageTop

当イコン展が記事になりました!

「Chiristian Today」というキリスト教系の電子新聞が、もっか開催中の「ブルガリア・イコン展」が記事にしてくださいました。
>ここでご覧になれます。
取材に来てくださった土門さんは、タルコフスキイやアンゲロプロスの映画や、米原万理さんの『オリガ・モリソヴナの反語法』が大好きという「文学青年」で、思わず話が弾みました!

PageTop

イコン画家ストヤン

今回の「ブルガリア・イコン展」は、ブルガリアのイコン作家ストヤン・ネデフ氏の作品を中心にしたものです。
ストヤンさんから、この展覧会を喜ぶメールが届きました。
彼のサイトがあることが判明。ここでご覧ください。

PageTop

マイ・ミトゥーリチ画伯を偲んで…(2015.7.24)

日本でも絵本で親しまれているミトゥーリチさんが亡くなって10年になります。
彼の絵は、今当サロンでも3点を展示していますが、「生誕90年」を記念して、モスクワの国立東洋美術館で「マイ・ミトゥーリチ展」が開かれ、あらためて感動を呼んでいるそうです。
以下で、ミトゥーリチ画伯についての、最近のロシア・テレビの報道を見ていただけます。
「生誕90年にミトゥーリチ画伯を偲ぶ番組」
>「国立東洋美術館展覧会のレポート」
在りし日の映像を見ると、親しくしていただいた日々を思い出して胸がいっぱいになります。
「紳士」とはこういう方のことを言うのだと、お会いするたびに思ったものです。
8月には、お嬢様で画家のヴェーラ・フレーブニコワさんが当アートサロンを訪ねてくださるという朗報も入りました!

PageTop

オープニング・パーティは大賑わい!(2015.6.21)

「さり気なく存在するアート・サロン」がコンセプトなので、華々しいオープニング・パーティなどは似合わないのですが、「ムーザ・サロン・コンサート」に親しい方がたくさん来てくださる機会を利用して、ささやかな「お披露目会」をしました。
以下はそのご報告です。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。